LINE UP
CAMPAIGN
TOPICS
【重要】Exabra(エクサブラ)→cocoLagoon(ココラグーン)
ショップ名変更について

補正力の違いは?ブラジャーとブラトップの比較まとめ

2022.08.05

 

ラクに着れて便利なブラトップ。最近では、シャツなどを羽織ってファッションアイテムとしても活躍。
ほとんどの方が1枚はお持ちではないでしょうか?

特に暑い夏は、手軽なしめつけのないブラトップを選びがちです。
お休みの日などは、1日中着けてしまうこともありますよね。

ではブラトップをずっと着用していてバストは崩れないのでしょうか?
今回はブラジャーとブラトップの違いについてご紹介します。

目次

 

ブラトップとは?

ブラトップとはキャミソールやタンクトップ内側に、ブラ代わりのカップやパットがついたインナーです。
ほとんどがノンワイヤーで着心地がいいのが特徴。

ブラトップの補正力について

締め付けが少なくラクに着れる分、ブラジャーのような補正力・サポート力はありません。
常にブラトップを着用していると、
バストの崩れや下垂が起こりやすくなります。

ブラトップでは、揺れや重力から、バストをサポートしきれないので
激しく動くときや運動するときは、きちんとホールドしてくれるブラやスポーツブラを着用しましょう。

おうち時間やリラックスタイムでの使用がおすすめです。

就寝中やリラックスタイムにおすすめ【BAK・おやすみブラ】

お休みの日や就寝中にリラックスしながらバストラインをキープするソフトブラ。
ふわっと肌になじむ柔らかい素材のカップがバストを優しく包み込みます。
また、バストサイドに配置された幅広リフトアップパネルがバストの横流れを防止。
オーガニックコットンで肌に優しいのも嬉しいポイント。

ブラジャーの補正力について

ブラジャーには、色々な種類や形があります。
自分に合ったサイズ・形のブラジャーを身に着けることで
バストを補正したりキープしたりすることができます。

しかし就寝中にブラジャーを着けると、
バストを締め付け、血流を悪くするだけでなく睡眠の質が下がるとも言われています。

特に補正ブラは日中のご使用をおすすめします。

日中の補正におすすめ【BAKブラ・スリム】

バストをしっかり覆い、
流れる脇のお肉を斜め下から中央へグッと寄せあげ
ふんわりとした自然な谷間を作る3/4カップブラ。
ピタッと肌にフィットし、補正下着特有の締め付けによるかゆみを大幅に軽減します。
優しい着け心地で初心者・卒乳後の胸つくりをサポートします。

使い分けが大切!

最近では、性能の高いブラトップもたくさんあります。
締め付け感もなく手軽に着れるブラトップですが、
毎日ブラトップで過ごすと、バストの下垂や崩れの原因となりますので
“使い分け”が大切です。

ブラジャーとブラトップ、それぞれにメリット・デメリットはあります。
なので、仕事のときや外出するときは、ブラジャー
家でのリラックスタイムは、ブラトップなど
自分で使い分けを意識すると良いかもしれませんね。

さらに詳しい使い分けについてはこちらから◎

ブラジャーとブラトップ、どちらを身に着けるにしても大切なことは、
〈自分に合ったサイズ選び〉です。

バック&ハクでは、
お客様のお悩みやご希望に合わせたBAK&HAKの商品やサイズを専属のボディスタイリストがご案内いたします。
サイズ等、ご心配な方はカウンセリングフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。