LINE UP
CAMPAIGN
TOPICS

おいしくバストアップレシピvol.7 バストアップにおすすめの食材!豚バラ肉の美容効果

2021.06.18

バストは90%が脂肪なので過度なダイエットなどはせず、バランスのいい食事を心がけ、プラスアルファとしてバストアップに効果的な栄養を含む食事を摂りましょう。 その他にも育乳ブラ・ココラグーンなどを使用し外側からのケアも同時に行うことが美しいバストを手に入れる上で大切です。 今回はバストアップの他にもたくさんの美容効果が期待できる【豚バラ肉】のレシピをご紹介。 手軽においしくバストアップを叶えていきましょう。 バストアップにおすすめ!豚バラ肉の美容効果 豚バラ肉の脂身には、バストを支えるクーパー靭帯を生成するために必要なコラーゲンが含まれています。 コラーゲンはお肌にハリと弾力性を与えてくれるので、バストの形を整えたいという方にもおすすめです。 その他にも、疲労回復に効果があるビタミンB1、アンチエイジング効果が期待できるビタミンA、 血行促進効果が期待できるビタミンE、鉄分が含まれています。 積極的にこれらの成分を摂取すると、身体全体の血行を促し、バストへ充分な栄養素が行き渡りやすくなります。 その上、たんぱく質も豊富で女性ホルモンの分泌も促すので、バストアップにもおすすめの食材なんです◎ 豚バラ肉のスタミナ炒め 《材料(2人分)》 豚バラ肉 150g 玉ねぎ 1/4個 ニラ 1束 薄力粉 小さじ1 ごま油 大さじ1 ☆醤油 大さじ1.5 ☆酒 大さじ1.5 ☆コチュジャン 小1 ☆はちみつ 大1 ☆にんにくチューブ 3cm 白ごま 適量 《作り方》 1 豚バラ肉を一口大に切り、薄力粉をまぶす。ニラは4cm長さに切る。玉ねぎは薄切りに切る。 2 ☆を小さいボウルにいれ混ぜ合わせる。 3 フライパンにごま油を入れ中火で熱し、豚バラ肉を炒める。豚バラ肉の変わったら玉ねぎを入れ炒める。 4 玉ねぎに火が通る前に、にらを加えさっと炒め、☆を加えて煮からめる。 5 器に盛り、白ごまをふる。 《point》 ニラは炒めすぎない方がおいしいです! 玉ねぎやニラに含まれる硫化アリルは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質となり、 体内でのビタミンB1の吸収量を増やす働きが期待できます。 豚汁 《材料(2人分)》 豚バラ肉 (薄切り) 100g ごぼう 1/3本 大根 3cm にんじん 3cm 長ねぎ 1/2本 こんにゃく 1/2個 ごま油 小さじ1 ☆水 500ml ☆顆粒和風だし 小さじ1 みそ 大さじ2 《作り方》 1 ごぼうはタワシで洗い、斜め薄切りにし、水に10分程度さらし、水気を切る。 2 大根、にんじんは薄いいちょう切りにする。長ねぎは斜めに薄切りにする。 3 こんにゃくは半分に切り、薄切りにする。豚バラ肉は一口大に切る。 4 鍋にごま油をひき、豚バラ肉を入れて中火で炒める。色が変わったら、ごぼう、大根、にんじんを入れ更に炒める。 5 全体に油が回ったら☆を加えひと煮立ちさせる。 6 アクを取り除きながら野菜がやわらかくなるまで中火で煮込み、長ねぎを加えてひと煮立ちさせ、火を止める。 7 みそを溶かし入れ、器に盛り付けて完成。 《point》 こんにゃくはあく抜き不要のものを使いました。 味噌の量はお好みで調節してください。 味噌にはたんぱく質の消化吸収をしやすくしてくれる働きがあります。

バストは90%が脂肪なので過度なダイエットなどはせず、バランスのいい食事を心がけ、プラスアルファとしてバストアップに効果的な栄養を含む食事を摂りましょう。
その他にもBAKブラなどを使用し外側からのケアも同時に行うことが美しいバストを手に入れる上で大切です。

今回はバストアップの他にもたくさんの美容効果が期待できる【豚バラ肉】のレシピをご紹介。
手軽においしくバストアップを叶えていきましょう。

バストアップにおすすめ!豚バラ肉の美容効果

豚バラ肉の脂身には、バストを支えるクーパー靭帯を生成するために必要なコラーゲンが含まれています。
コラーゲンはお肌にハリと弾力性を与えてくれるので、バストの形を整えたいという方にもおすすめです。
その他にも、疲労回復に効果があるビタミンB1、アンチエイジング効果が期待できるビタミンA、
血行促進効果が期待できるビタミンE、鉄分が含まれています。
積極的にこれらの成分を摂取すると、身体全体の血行を促し、バストへ充分な栄養素が行き渡りやすくなります。
その上、たんぱく質も豊富で女性ホルモンの分泌も促すので、バストアップにもおすすめの食材なんです◎

豚バラ肉のスタミナ炒め

《材料(2人分)》

豚バラ肉 150g
玉ねぎ 1/4個
ニラ 1束
薄力粉 小さじ1
ごま油 大さじ1

☆醤油 大さじ1.5
☆酒 大さじ1.5
☆コチュジャン 小1
☆はちみつ 大1
☆にんにくチューブ 3cm

白ごま 適量

《作り方》

1 豚バラ肉を一口大に切り、薄力粉をまぶす。ニラは4cm長さに切る。玉ねぎは薄切りに切る。
2 ☆を小さいボウルにいれ混ぜ合わせる。
3 フライパンにごま油を入れ中火で熱し、豚バラ肉を炒める。豚バラ肉の変わったら玉ねぎを入れ炒める。
4 玉ねぎに火が通る前に、にらを加えさっと炒め、☆を加えて煮からめる。
5 器に盛り、白ごまをふる。

《point》
ニラは炒めすぎない方がおいしいです!

玉ねぎやニラに含まれる硫化アリルは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質となり、
体内でのビタミンB1の吸収量を増やす働きが期待できます。

豚汁

《材料(2人分)》
豚バラ肉 (薄切り) 100g
ごぼう 1/3本
大根 3cm
にんじん 3cm
長ねぎ 1/2本
こんにゃく 1/2個
ごま油 小さじ1

☆水 500ml
☆顆粒和風だし 小さじ1

みそ 大さじ2

《作り方》
1 ごぼうはタワシで洗い、斜め薄切りにし、水に10分程度さらし、水気を切る。
2 大根、にんじんは薄いいちょう切りにする。長ねぎは斜めに薄切りにする。
3 こんにゃくは半分に切り、薄切りにする。豚バラ肉は一口大に切る。
4 鍋にごま油をひき、豚バラ肉を入れて中火で炒める。色が変わったら、ごぼう、大根、にんじんを入れ更に炒める。
5 全体に油が回ったら☆を加えひと煮立ちさせる。
6 アクを取り除きながら野菜がやわらかくなるまで中火で煮込み、長ねぎを加えてひと煮立ちさせ、火を止める。
7 みそを溶かし入れ、器に盛り付けて完成。

《point》
こんにゃくはあく抜き不要のものを使いました。
味噌の量はお好みで調節してください。

味噌にはたんぱく質の消化吸収をしやすくしてくれる働きがあります。